学校祭開催について生徒会より説明(於体育館)

生徒会執行部より、過去の学校祭映像の紹介や学校祭における企画説明、最後に全校生徒への協力要請を行い説明会を閉じました。

コロナ禍により学校祭が開催出来なかった2年間。経験者がいない中、学校祭を盛り上げようと行動している執行部のみなさんに敬意を払いつつ、学校祭の成功を心より願っています。

海のクリーンアップ大作戦に参加!

北海道SDGs推進プラットフォームが主催し、海のクリーンアップ大作戦が行われ、本校インターアクト部14名と教員2名が参加しました。海洋プラごみ(毎年800万㌧の発生)の回収と海浜(この度はイタンキ浜が会場)をきれいにすることを目的に、みなさんがプラスティックの使用に関心をもってもらい、少しでも廃プラスティックを減らすことに繋がるよう取りくみました。

インターアクトの皆さん、お疲れ様でした!

【6月13日(月)~17日(金)】の時程について

在校生ならびに保護者各位へ

本校部活動において、高体連全道大会に参加する期間に重複が多いため、教員配置が困難となるため、短縮時程と致します。詳細につきましては、下記アイコンより表示される保護者向け文書をお読みください。

令和4年度臨時時程のお知らせ 高体連全道

新1年生 講習スタート!

4日(土)より、難関進路系希望者を中心とした講習が開始されました。現在、47名が目標に向けて、難易度の高い学習に真剣に取り組んでいます。
難関進路系は、国公立大学、難関私立大学、難易度の高い就職を目標として、進路実現を目指すクラスとして今年度入学生より新たに設置された教育課程を実践します。

全道ならびに夏季野球大会の壮行会!

6月3日(金)放課後、体育館において「全道ならびに夏季野球大会の壮行会」が行われ、支部予選を勝ち抜いた各部活の代表が、入場後ステージにてこれからの闘いに臨む、決意を述べてくれました。最後に、生徒会副会長「髙橋れいか」さんが、激励の言葉を述べました。
全道大会の日程は、6月6日(月)からのテニスを皮切りに、7月1日(金)から行われる水泳が最後となります。

特別支援教育教職員研修 開催

5月30日(月)、北海道教育庁胆振教育局教育支援課 義務教育指導班指導主事「特別支援スーパーバイザー 油川 智史  氏」をお招きし、『特別支援教育教職員研修』を開催致しました。
『通常の学級における特別な教育的支援を必要とする生徒の理解のあり方と支援の工夫』と題し、前半は特別支援教育の理解を助ける説明やユニバーサルデザインの視点からの授業づくり、後半は事例検討のためにグループ討論後、研究成果の発表を行い、油川さんよりまとめのコメントを戴き終了しました。授業において研究成果が活かせるよう努力します。

予定時間を超過するなど、学びの深さが感じられた研修となりましたのは、油川さんのわかり易く丁寧な説明によるものであり、深く感謝申し上げます。この度は誠にありがとうございました。

2022年度 教職員宗教教育研修開催

建学の精神についての学びを深め、学園教職員としてのあり方を問い学ぶことを趣旨として、『歎異抄に学ぶ ー第十六条ー』をテーマとして、「九州大谷短期大学長 三 明 智 彰 師」をお招きし、研修を行いました。

PTA総会

5月21日(土)9:30より講堂にて総会が行われました。令和3年度に行った行事や決算を報告承認されました。令和4年度の行事は、コロナ感染の状況次第ですが、学校祭を含め例年通り行うことや予算も承認され、新役員を決定し新会長の挨拶を戴き、無事終わることができました。

会の最後に、3月に卒業されたお子さんの保護者であるPTA役員の方の労苦を労うため、学校長より感謝状が手交されました。会長の木村さんをはじめ、副会長の遠藤さん、金田さん たいへんお疲れ様でした。

 

 

教育課程保護者説明会

1年生の保護者向けに「教育課程保護者説明会」が講堂で開催されました。建学の精神の下策定されたカリキュラムのねらいや、それを生かすための講習の取組み、そして2年次からの系選択について説明を行いました。また、進路指導部より昨年度までの進路状況と新カリ後の受験環境の変化について報告がありました。
就職・進学問わず絶対的に学力が必要であること、お子さんが真に学びたいことを掴み進路目標とすること、そしてそれを適切な系選択につなげていくことが大切であるということを、保護者の皆様へお伝えしました。